宛名書き

2011-02-27 (日) 12:48:05 (2481d)

こちらhttp://homepage2.nifty.com/domae/tex/atena.htmlのatena.styを使って宛名書きをしてみよう。
まずは、診療情報提供書をインストールします。

atena.styの準備

DLしたatena.lzhを/home/ormaster/dataに配置。

# apt-get install lha

ormaster userで

$ lha ee atena.lzh

lhaのe optionをつけることでs-jisからeucに変換されて解凍される。

$ platex hagaki.tex

とするとhagaki.dviが作成されxdviで閲覧出来る。

$ dvipdfmx -p 10cm,14.8cm hagaki.dvi

とするとhagaki.dviからhagaki.pdfが作成される。

atena.sty

以外は不要なので削除してしまいましょう。

長3封筒(12cmX23.5cm)へ宛名書き

/home/ormaster/dataにfuto.texをエディタで作成します。

\documentclass{jarticle}
\usepackage[hagaki]{atena}

\begin{document}
%=======差出人設定================
\sasidasinin{おるか太朗}{123-4567}{世田谷区東玉川○ノ○ノ○ノ}

%=======表書き開始==============
\begin{atena}

\personal{黒田道郎}{123-4567}
  {世田谷区東玉川XノXのX}
\end{atena}

\end{document}
$ platex futo.tex
$ dvipdfmx -p 12cm,23.5cm futo.dvi

印字parameterの変更

atena.styで設定してあるdefault parameta

\OmoteToParameter(40mm,100mm)(10mm,10mm){10mm}{\LARGE}{\Huge}
\OmoteFromParameter(15mm,70mm)(10mm,10mm){20mm}{\large}{\Large}
\OmoteZipParameter(7mm,13mm,2mm)(5mm,5mm,1.5mm)

\begin{document}の前に変更したparameterを記述することで変更できる。
郵便番号を右へずらしたいので

\documentclass{jarticle}
\usepackage[hagaki]{atena}
\OmoteToParameter(40mm,100mm)(10mm,10mm){10mm}{\LARGE}{\Huge}
\OmoteFromParameter(15mm,70mm)(10mm,10mm){20mm}{\large}{\Large}

\OmoteZipParameter(-15mm,13mm,2mm)(5mm,-80mm,1.5mm)

\begin{document}
%=======差出人設定================

としてみる。

差出人設定を利用して封筒の下部に医院スタンプを作成

%%%%futo.tex%%%%
\documentclass{jarticle}
\usepackage[hagaki]{atena}
%%%%スクリーン環境用マクロ
\usepackage{ascmac}
%%%%

\OmoteToParameter(30mm,100mm)(10mm,10mm){20mm}{\LARGE}{\Huge}
\OmoteFromParameter(42mm,20mm)(15mm,60mm){20mm}{\huge}{\Large}
\OmoteZipParameter(-15mm,13mm,2mm)(5mm,-80mm,1.5mm)
%%様を先生に変更
\keisho{先生}

%%------差し出し人をスクリーン環境で囲む定義
\def\iin{
\hspace{1.8cm}
\begin{minipage}{7cm}
\begin{screen}
\begin{flushleft}
\large\bf 内 科・小 児 科・呼 吸 器 科
\end{flushleft}
\vspace{-5mm}
{\large\bf 医療法人社団 佑圭会}\vspace{-7mm}\\
\begin{center}
{\Huge\bf 黒 田 医 院}
\vspace{2mm}
{\LARGE\bf 院長 黒 田 道 郎}\\
\vspace{2mm}
{\scriptsize 〒}\hspace{-0.05em}{\small 158-0084}{\small 東京 都世田谷区東玉川2-14-11}
{\tt\small TEL}{\small 00(0000)00000} {\tt\small FAX}{\small 00(0000)0000}
\end{center}
\end{screen}
\vspace{-0.8cm}
\begin{center}
\large 平成  年  月  日
\end{center}
\end{minipage}
}
%%------------------------------


\begin{document}
%=======差出人設定================
%%%郵便番号の所に定義した\iinを挿入
\sasidasinin{}{-\iin}{}

%=======表書き開始==============
\begin{atena}
\personal{黒田道郎}{123-4567}{世田谷区東玉川XノXのX}


\end{atena}

\end{document}
$ platex futo.tex
$ dvipdfmx -p 12cm,23.5cm futo.dvi

DLできます。filefuto.texfilefuto.pdf

 

/home/ormaster/public_htmlにfileatenagaki1.phpを配置。
WindowsクライアントのIEで、

http://orca/atenagaki1.php

にアクセスして入力。(orcaはorcaがインストールされたサーバー名)
「書き込み」をクリックすると/home/ormaster/data/orcaprintに

futo.dvi futo.pdfが作成される。

ORCA postgresqlと連携

filesample.tar.gzをDLして/home/ormasterに配置。rootで、

# tar vzxf sample.tar.gz

WindowsクライアントのIEで、

http://orca/homepage.html

あとはお楽しみ。


添付ファイル: filesample.tar.gz 903件 [詳細] filefuto.tex 1451件 [詳細] fileatenagaki1.php 1415件 [詳細] filefuto.pdf 1670件 [詳細]