町医者の日記/2021-10-08

2021-10-08 (金) 12:12:18

コロナ「4カ月周期」説

211007t.png

東京都の新規感染者数の1週間前の同じ曜日との差分をグラフにしたものです。

増加フェーズ2カ月、減少フェーズ2カ月、合計4カ月を繰り返しているのがわかります。

10月7日現在はまだ減少フェーズにあります。増加フェーズに転ずると第6波の襲来の可能性が強くなりますので注目して行きたいと思います。

デイリー新潮にも記事がありました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a6c6b7e6bb21431b5ba32a4e19608f8874b7e65f

「現象論として、第1波から今回の第5波まで、4カ月周期で非常に規則正しく波がやってきています。対数目盛で見ると、波の増減速度もほとんど同じ。なにがあっても4カ月ごとに新たな流行の波が訪れ、2カ月後にピークを迎え、その後、急速に下がっています。GoTo?キャンペーンや五輪がウイルスの流行に影響を与えたなら、これほど規則正しく周期的に波がやってくるのはおかしい。なにかが原因で流行し、対策をしたから下がった、というものではなく、かなり自然要因で増減しています」

学校の休校措置、緊急事態宣言、ワクチンを含めて人類が良かれと思ってどんな対策をとっても無力だったということでしょうか。

ワクチンの副反応で苦しめられている人がいる。緊急事態宣言が経済を破壊する。

増えるも減るも「コロナの勝手でしょ」を理解するまでコロナ禍はまだまだ続くでしょう。

コロナと言えばで亡くなった志村けんさんのことが多くの日本人の心にはトラウマとなって残っています。

「カラス なぜなくの からすの勝手でしょ♪」を思い出してしまいます。

町医者の日記


添付ファイル: file211007t.png 29件 [詳細]