町医者の日記/2009-04-22

2009-04-22 (水) 19:52:09 (3372d)

よくわからない!裁判員制度Q&A

33ページ

Q16 裁判員は何日ぐらい裁判に参加するのですか?
A16 多くの裁判は3日以内に終わると見込まれています。
実際に裁判員として裁判所に来ていただく日数は、それぞれの事件の内容により異なりますので、一概にはいえません。しかし、裁判員裁判では、法廷での審理を始める前に、裁判官、検察官、弁護人の三者でポイントを絞ったスピーディーな裁判が行われるように、事件の争点や証拠を整理し、審理計画を明確にするための手続き(公判前整理手続き)が行われます。また、できるだけ連日的に開廷することになっていますので、約7割の裁判は3日以内に終わると見込まれています。

裁判員制度で裁かれるのは重大事件(刑事)だけで、窃盗事件などは取り扱わない。重大事件は「公判前整理手続き」をしても到底3日では終わらないことは素人目にみても明かと思うのだが。
「公判前整理手続き」とはお役所お得意の書類を作ることのようだ。この文書を読んで理解するだけでも3日では足りないと思うのだが。
今までやったことのない連日開廷が裁判員制度で本当にできるのだろうか?

町医者の日記